賃貸の契約をする時に必要なもの、注意点

賃貸で借りる側のやってはいけないこと

不動産会社で賃貸物件を紹介してもらい入居される方は、賃貸契約の時に、重要事項説明書と賃貸借契約書に署名捺印されて鍵の引渡しをされており、注意しなければならない点やルールについて説明を聞いていると考えます。入居者として守るルールの基本的な部分は、賃貸物件は、ほとんど同じだと考えます。家賃を期日までに支払い滞納しないこと、入居人数を守ることも大切で、1人しか入居出来ない賃貸物件に複数の人が勝手に住む事はルール違反ですし貸主や隣部屋の方も不快な思いをされると考えます。勝手にリフォームしたり部屋の中を変えることもルール違反ですので、不動産会社に相談して貸主の了解をもらわない限りリフォームは出来ません。

エアコンや水周りや、その他故障した場合も不動産会社に相談して貸主の了解をもらいます。エアコンや水周りの故障は、基本的に貸主が負担する場合が多いと考えます。賃貸物件の中での騒音も貸主や隣部屋に迷惑になりますので注意しなければならない点です。殆どが友人や仲間や異性が遊びに来ている時の騒音で迷惑な行為になると考えます。駐輪場の利用についても1台だけの契約であれば、友人など複数の自転車やバイク等を、複数台勝手に常時駐輪する行為もルール違反です。ルールを守る事は大切な行為だと頭で思っていたら、まず行動することが必要だと考える方も少なからずいらっしゃると考えます。

オススメサイト

Copyright (C)2017賃貸の契約をする時に必要なもの、注意点.All rights reserved.