賃貸の契約をする時に必要なもの、注意点

賃貸物件を契約する際の家賃保証について

賃貸アパートや賃貸マンションを借りるときは不動産会社の方で賃貸借契約の手続きを行います。契約の際は賃貸借契約書への署名・捺印を行いますが、それだけで手続きが終わるわけではありません。賃貸借契約に伴い、いくつかの手続きも同時に行う必要があります。その一つが家賃保証会社への加入手続きです。アパートなどの賃貸物件を借りると、毎月決まった家賃を大家さんに支払うことになります。家賃は決められた日までに支払わなければならないため、支払いが遅れると延滞料金が発生します。遅れてもしっかり家賃を払えば良いのですが、今月は収入が少ないから家賃は払えないといったことも出てくる可能性があります。

しかし、それでは大家さんの方が困ってしまいますね。そのようなときのために加入するのが家賃保証会社です。賃借人が家賃を支払えなかったとき、保証会社が賃借人に代わって大家さんに家賃を支払うのです。もちろん賃借人が立て替えてもらったお金は家賃保証会社に返済しなければなりませんし、保証会社が入ると手数料も発生します。つまり、契約時に賃借人が保証会社に加入することは大家さんを救済する手段となるのです。賃貸物件の大家さんとしても安心して契約できます。

オススメサイト

Copyright (C)2017賃貸の契約をする時に必要なもの、注意点.All rights reserved.