賃貸の契約をする時に必要なもの、注意点

賃貸物件の修理は誰がするの

賃貸物件に入居してから、内見でチェックしていた箇所と違う部分で不具合が見つかることがあります。このような不具合は、日常生活の中でも気になってしまい早く直した方が良いと思う方も多いと思いますが、自分で修理を手配して直すのはまだ待ってください。

通常、賃貸物件の部屋や設備の不具合に関しては基本的に管理会社に連絡をして、入居前から元々あった不具合ならば貸主負担で修理をします。しかし、引っ越し以降の入居者が不注意で傷をつけた、壊してしまったと言う場合は、借主負担で修理することになるでしょう。この場合でも管理会社に連絡を入れておいた方が良いでしょう。その理由は、管理会社は保守管理なども貸主から委託されており、提携の修理業者に依頼することで継続的に保守管理の記録を取り、営業業務の資料にしているのです。借主側には、全くメリットが無いと言われるとそうでもなく、管理会社がこの管理記録に基づいて修理個所を把握していた場合は、その後のメンテナンスにも話を通しやすくなるのです。例えば、更新時期に修理したガスコンロの調子がいまいち良くないと相談をしたら、提携している修理業者が直していれば、以前の状況も記録されており対応が早くなるのです。

オススメサイト

  • SSLサーバ証明書について解説しています。カード決済の前に一読。
  • トリマーの情報はコチラ。

Copyright (C)2017賃貸の契約をする時に必要なもの、注意点.All rights reserved.