賃貸の契約をする時に必要なもの、注意点

女性の賃貸マンション

私が初めて賃貸マンションに住んだのは20歳の時です。ずっと一人暮らしに憧れていたので高校生の時からアルバイト代を貯めて貯金していました。少しずつ貯金して、高校生の時はあまり使いませんでした。そして社会人になり、2年目の春に家探しをしました。そのときに、初めてだったので敷金礼金の存在を知りました。私はずっと新築の賃貸マンションに暮らしたいと思っていたので、敷金礼金はとても高かったです。高かったですがずっと夢だったので40万円を支払いました。新築の賃貸マンションで1LDK、家賃は8万円でした。駐車場代は入っていません。部屋は少し狭めですが駅からは徒歩5分以内で着くので、とても便利に生活することができています。また家の近くにはコンビニがたくさんあります。なのでお菓子など細かいものを買いたいときはとても便利です。

女性の一人暮らしなのでオートロックがしっかりついているところ選びました。10階建ての7階にすみました。夏になると家のベランダから花火が見えるのでとてもよかったです。家賃は少し高いですがずっと憧れの一人暮らしをすることができてとても満足です。今はもう実家に帰ってしまいましたが、また一人暮らしをするときは同じ賃貸マンションに住みたいです。

オススメサイト

Copyright (C)2017賃貸の契約をする時に必要なもの、注意点.All rights reserved.