賃貸の契約をする時に必要なもの、注意点

社宅を賃貸物件にリノベーションした事例

社宅を賃貸物件にリノベーションした事例について、その具体例や特徴などを交えながら説明いたします。築45年の団地風の社宅を斬新にリノベーションし、賃貸物件として貸し出す事例が増えています。当時の団地は鉄筋コンクリート造の建物としては非常に耐震性が高く、現在の耐震基準においても補強の必要がない物件が多いため、耐震補強にあてるコストも不要であり、その分をリノベーション費用に使えるというメリットがあります。コストが十分にあるため、既存の玄関扉をセキュリティ対応にすることも可能であり、ノンタッチキーという非接触の鍵で施開錠が可能な仕様に変更しています。

また、この社宅には再生可能エネルギーに関する設備も設置されており、屋上には太陽光発電設備を設置し、さらに蓄電池も採用されているため、夜間の割安な電力を利用して昼間に使用できるようにしています。さらに燃料電池の設備も常時稼働しており、これらで普段の生活に必要な電力の8割をまかなえます。さらにHEMSというホームエネルギーマネジメントシステムを導入することで、住戸内や共用部分のエネルギー利用状況を確認でき、効率的にエネルギー消費を促す仕組みになっています。また敷地内には最新の電気自動車用の充電器も備えており、まさに最新のスマートハウスとして、昔の社宅をリニューアルしており、注目の物件になっています。

オススメサイト

Copyright (C)2017賃貸の契約をする時に必要なもの、注意点.All rights reserved.