賃貸の契約をする時に必要なもの、注意点

賃貸物件を借りるのに必要なお金の計算

賃貸物件を借りるのにはお金がかかります。まず、契約金ですが、契約発生日からの家賃や管理費の他、礼金、敷金や仲介手数料、住宅保険、鍵交換代、保証会社の保証料などを合計した金額がかかります。物件によって違いがありますので物件の広告を参照することと、不動産会社の営業マンに確認が必要です。契約発生日が月の途中であった場合には家賃や管理費は日割りになります。家賃は前払いになりますので、次の月の家賃と管理費がかかる場合もあります。家賃は安くても契約に関する費用は多額になります。

引越しにも費用がかかります。粗大ごみの費用や家電製品を捨てる場合にはリサイクル費用がかかるものもあります。また引越し業者も費用は様々なのでお得なプランなどを比較できる複数の引越し見積もりサイトを利用するのもおすすめです。また、賃貸物件によっては自分で用意しなくてはならないものもあります。エアコンがない場合にはエアコンも必要ですし、照明器具なども準備しなくてはならない物件もあります。

また、インターネットを引く費用、固定電話の費用などもあります。数百円ではありますが、契約に必要な住民票や印鑑証明などを取得するにも費用がかかります。このように引越しにはお金がかかりますので計画的に賃貸物件を借りることが大切です。

Copyright (C)2017賃貸の契約をする時に必要なもの、注意点.All rights reserved.